2018.05.20
電気的根管長測定器ーRoot ZXを有効に使用

電気的根管長測定器 「Electronic apex locator」

⭐️烏山通り歯科精密根管治療におきましては電気的根管長測定器をもとにEMR: Electric Measuring of Root canal length・レントゲン・手指の感覚を組み合わせ適切に根管長を測定し根尖孔外に為害性を誘発しないようにしております。

抜髄、感染根管処置の治療にあたっては根尖部までしっかりと感染物質を除去し、その後、根管充填材により最終的に根尖部まで綿密に充填すべきというものが現状の歯科医学の考え方です。それにあたり根の正確な長さの把握が不可欠である。

根管長測定器は口腔粘膜と根管内に挿入した測定電極の先端との間のインピーダンス値を測定することにより根の長さを把握する装置である。口腔内の状況により一定の誤差が生じるためX線写真での測定、平均歯根長、手指の感覚、ペーパーポイントなどと組み合わせて用いる事が推奨される。

口腔粘膜と根管内に挿入した測定電極の先端との間のインピーダンス値は、人種、年齢、歯種による差がほとんどなく、一定の値(6.5kΩ)をとるという性質を利用している。

「使用方法」 

ApexLocator.JPG
根管長測定器より伸びた対極を口角部に、関電極をファイルに取り付け、根管部へ挿入しながら測定を実施する。

「特徴 」

根尖孔が吸収されても正確な測定が可能。
根管を拡大しながらの測定が可能。
パーフォレーション(偶発的穿孔:accidental perforation)の即時診断が可能。
「注意点」

根尖孔が開いた歯では正確な測定が困難。
歯肉への電流リークは短めの測定を誘発する。

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る