POINT1

マイクロスコープを使用した 精密根管治療

POINT2

米国式治療法の実行と設備環境

POINT3

歯科用3DCTによる精確な診査診断

POINT4

垂直加圧による緊密な根管充填

歯内治療とは

Endodontic

歯内療法=エンドドンティクスとは?
ギリシャ語で歯の内側(エンド=内側、オドント=歯)を意味しており、進行した虫歯に対して行う「根管治療」を専門に行います。一般には「神経治療」とか、「根の治療」などと呼ばれています。

虫歯の原因となる細菌が歯の内側の神経に入り込むと、歯がズキズキ痛くなったり、顔が腫れたりといった症状が出ます。自然治癒することはなく、放っておけば細菌によって歯の内部や歯を支える歯槽骨が溶かされ、いずれ抜歯をすることになってしまいます。

根管治療とは

Root canal treatment

根管治療とは、虫歯が進行して、感染が根管歯髄,さらには根管壁や根尖周囲にまで及んでいる場合に、歯を保存するために行う治療法です。

歯髄や根管内の腐敗起因物質を除き,さらに根管拡大を行ない根管壁の感染象牙質を除去すると同時に、根管内の清掃・消毒を行います。

十分に清掃,消毒を行なったのち、根管充填剤を中空となった根管内に緊密に詰め込み、根管と歯周組織および口腔との間を完全に遮断します。
この根管充填をもって根管治療は完了です。

なぜ根管治療が重要なのか?

根管は建物で言えば基礎である土台にあたります。根管治療がしっかり施術されていないと、どんなに高価なかぶせもので修復しても、のちに根の先端が化膿し強い痛みが出ることがほとんどです。結果、歯を失ってしまったり、 再治療が必要になってしまいます。抜歯・再治療を避けるため、歯髄(歯の神経)を除去する際には、適切な治療環境と精密な根管治療を行う必要があります。また、不幸にもすでに病変ができてしまっている歯であれば、その病変を治すために、丁寧に適切な根管治療を行う必要があります。

なぜ精密根管治療が必要なのか?

通常の根管治療と精密根管治療(マイクロエンド)は異なります。我々は、高度な技術を要する精密根管治療が必須と考えています。

根管は非常に複雑な形態をしており、肉眼では根管内をしっかりと診ることはできません。また、日本において通常の根管治療は成功率が非常に低く、せっかく治療した歯に虫歯がすぐに再発するという問題があります。最大の敵は、唾液です。唾液には細菌が含まれています。唾液の混入を防いで無菌状態で処置をするために、防湿を施さなければなりません(後述)。

これらの理由から、精密根管治療による徹底的な治療が必要なのです。

抜髄と感染根管処理

Pulpectomy

抜髄

抜髄とは歯髄(神経)を除去することです。歯髄腔の中には血管や神経が充満しており、この中の歯髄組織を確実に除去することを抜髄といいます。歯髄の先は象牙質に入り込んでおり、歯を再生させ歯の強度を保ちます。

感染根管

歯髄が細菌により汚染されますと、根尖孔周囲の歯根膜や歯槽骨に細菌感染に由来する炎症性変化が波及し、やがてレントゲン上で黒い透過像として確認できる病変ができます。感染根管治療治療は根管内汚染起因物質を適切な治療環境下のもとで完全に取り除くことです。高度な技術を要しますが、適切な感染根管治療によって、根尖部の病変は、改善され線維化が進み、歯槽骨が再生されて明瞭な骨梁がレントゲン上で確認できるようになります。

当院に置ける精密根管治療

Point

POINT1

マイクロスコープを使用した 精密根管治療

細かい部分を可視化することによって、根管治療の功績が向上


驚異的な拡大視野にて診断能力と治療進行が適確かつ大幅に向上し、より精密な治療を行うことができます。

マイクロスコープを使用することで、肉眼では確認することができない歯の細かい構造や隠れた根管などを見ることができます。

マイクロエンドはアメリカにおいては専門教育において必修であり、アメリカの根管治療専門医にはマイクロスコープが必須となっています。 マイクロスコープを使うことによって細かい部分を可視化することによって、根管治療の功績が向上し、盲目的な消毒作用に頼る必要が激減しました。そのため当院で用いる薬液も、ホルムクレゾール(環境ホルモンの一種で、シックハウス症候群の原因ともなる、たんぱく質を分解するホルマリン系の薬液)などは一切使用しておりません。

6倍

16倍

40倍

POINT2

米国式治療法の実行と設備環境

  • ニッケル-チタン=Ni-Ti製超弾性ファイルを使用

    Ni-Ti製ファイルはチタン合金の持つ超弾性を発揮することにより、本来の根管形態を破壊することなく、根管形成を行うことが可能です。 そして、フレアーアップ(根管形成時に感染切削片を根尖孔外の歯周組織に押し出すことによる急激な炎症症状)を防止することもできます。

  • トライオート

    Ni-Tiファイルの特性を十分に引き出し、根管拡大形成を行う歯科用電動式ハンドピース。

  • Root ZX=電気的根管長測定器

    2つの周波数で根管インピーダンスを測定することにより、根尖位置を高い精度で検出できます。 また、排膿や出血などがあっても、割算方式の採用により根管内の環境に影響されず、フルオートで精度の高い根管長測定ができます。

POINT3

歯科用3DCTによる精確な診査診断

歯科用3DCTは、今まで見えなかった歯の内部の断面を正確に見ることが出来るようになりました。

治療前の撮影より3次元的に診査が可能であり安全性の高い根管治療を行うことが可能になりました。

「根管の正確な位置関係」「根尖までの正確な距離」「根尖病変の大きさ」など、数多くの情報が得られあらゆる角度から診査診断し、シュミレーションすることが可能になりました。

当院のモリタ社製歯科用CTはコンピュータを使い非常に繊細な画像を解析し、従来のCTの1/5程度の被曝線量で撮影可能です。

POINT4

垂直加圧による緊密な根管充填

ラバーダム防湿とは?

根管治療において重要なことは、根管内を無菌化し、緊密に根管充填することです唾液中には常に100万以上の細菌が存在し、従来の根管治療の方法で根管内を無菌に保つことは極めて困難です。そのためラバーダムというゴム膜で覆ってしまい、クランプを当該歯に装着し、治療部位のみを隔離した状態で治療を行う方法が必要となります。これがラバーダム防湿法です。しかし、ラバーダムの装着には時間と手間がかかるため、日本では約10%程度の歯科医院でしか使用されていないという現状があります。当院の精密根管治療においては、唾液による根管内への細菌汚染を防ぐラバーダム防湿法を行った上で根管治療を行います。

ラバーダム防湿

根管充填仕様器具

ラバーダム防湿

  • 唾液の侵入と湿気の排除による無菌的処置
  • 器具の誤飲防止
  • 薬剤の漏洩防止
  • 適確な視野の確保
  • 周囲軟組織の保護

当院の根管治療症例

Cases

治癒前

露髄直前

隔壁作製

治癒前

テストファイル

根管充填後

根管治療の治療費用

箇所 料金
前歯 50,000円 +自費補綴の値段+土台2万円
小臼歯 60,000円
大臼歯 70,000円
※1度の来院毎に+5,000円頂戴しております。

根管治療ブログ

Blog

Tri Auto mini トライオートmini 根管長測定機能付きモーター
2018.05.24
Tri Auto mini トライオートmini 根管長測定機能付きモーター
⭐️『トライオートmini』 根管長測定機能付き根管拡大モーター 前回のブログでご紹介しました「Ni-Tiファイル」&「Root ZX」と併用し根管拡大の効率と適切な形成を可能にする機器です。 烏山通り歯科精密根管治療において無くてはならない機器です。 現在数多くの根管拡大モーターが発売されておりますが私個人としましてはRootZXとTRY AUTOの組み合わせが安全かつ根管拡大効率優れていると感じております!
[特徴]
■コンパクトヘッドで視界良好
コンパクトヘッドは直径が僅か9mmです。
コンパクトヘッドは、直径がわずか9mmと小さく、大臼歯へのアクセスが容易ですので治療効率に優れております。
治療部位の視界を広くとれ、マイクロスコープ使用時にも操作しやすく根管口や髄床底付近を見ながら根管拡大が可能。 ■グリップバランスのよいコードレスハンドピース
トライオートminiは、フィンガーインスツルメント・デザインを採用し、わずか100gと軽く、手指にかかるストレスを軽減、ファイルの感覚をつかみながら、根管拡大形成が可能です。 ■幅広い回転速度域
回転速度域は50、100、150、200、250、300、400、500、600、800、1000rpmから選択可能であり、トルクも自由に設計できるため安全に使用できる優れたインスツルメントです。 ■液晶ディスプレイで明解表示
バックライト付の液晶ディスプレイで明解表示され、回転中であればトルクの変化をバーグラフ表示とともにバックライト色の変化で知らせて、術者の注意を喚起します。
たとえばトルクが上がるにつれて、青から緑そして赤に変わります。また、設定したトルクに達するとバックライトが点滅します。 ▪️自動逆回転搭載 余剰なトルクがかかると自動で逆回転しファイル破折の危険性を回避できる安全な設計。 千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る
           
電気的根管長測定器ーRoot ZX
2018.05.20
電気的根管長測定器ーRoot ZXを有効に使用
電気的根管長測定器 「Electronic apex locator」 ⭐️烏山通り歯科精密根管治療におきましては電気的根管長測定器をもとにEMR: Electric Measuring of Root canal length・レントゲン・手指の感覚を組み合わせ適切に根管長を測定し根尖孔外に為害性を誘発しないようにしております。 抜髄、感染根管処置の治療にあたっては根尖部までしっかりと感染物質を除去し、その後、根管充填材により最終的に根尖部まで綿密に充填すべきというものが現状の歯科医学の考え方です。それにあたり根の正確な長さの把握が不可欠である。 根管長測定器は口腔粘膜と根管内に挿入した測定電極の先端との間のインピーダンス値を測定することにより根の長さを把握する装置である。口腔内の状況により一定の誤差が生じるためX線写真での測定、平均歯根長、手指の感覚、ペーパーポイントなどと組み合わせて用いる事が推奨される。 口腔粘膜と根管内に挿入した測定電極の先端との間のインピーダンス値は、人種、年齢、歯種による差がほとんどなく、一定の値(6.5kΩ)をとるという性質を利用している。 「使用方法」  ApexLocator.JPG
根管長測定器より伸びた対極を口角部に、関電極をファイルに取り付け、根管部へ挿入しながら測定を実施する。 「特徴 」 根尖孔が吸収されても正確な測定が可能。
根管を拡大しながらの測定が可能。
パーフォレーション(偶発的穿孔:accidental perforation)の即時診断が可能。
「注意点」 根尖孔が開いた歯では正確な測定が困難。
歯肉への電流リークは短めの測定を誘発する。 千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る
ニッケルチタンファイルとステンレスファイル
2018.05.20
〜ニッケルチタンファイルとステンレスファイルについて〜
★ニッケルチタンファイル(以下Ni-Tiと記載) 弾力に富むため湾曲根管の治療に適し、また根管の追従性に優れるためエンジンにつなぐ事で電動式の根管治療を可能にした。このエンジンとNiTiファイルを使う根管治療はアメリカでは広く普及し、8割の歯科医師がすでに治療に導入しているとされる。現在日本では2割程度の普及率とされるが今後の普及が見込まれている。 従来の手技で用いる。従来のステンレス製ファイルでは完全な根管治療が難しかった湾曲根管の治療を容易にした。また前歯部などの根管はもともと若干カーブをしており、ステンレス製のファイルで拡大を行った場合一度ステップを形成してしまうと根尖部までの治療が難しかったが、NiTiファイルは追従性に優れるためステップを形成するリスクは低い。 根管形成とは? 根管治療は歯の中の歯髄組織や起因物質をしっかり除去し無菌化することが目的である。適切に根管内の汚染物質を除去するには最終的には様々な薬液やインスツルメントを使用し、根管内全体をよく洗浄する必要があります。もともとの歯髄腔は狭く複雑なため薬液を充満させて洗浄できないので歯髄空を拡げる必要があります。 根管を拡げることを根管形成拡大と言います。 根管形成拡大の手順には大きく2つあります。 1つ目は、根管上部から根尖を穿通させることです。根の先まで穿通させなければ薬液は根尖まで満たされません。歯によっては根管が細く彎曲していたり側枝が存在し形が複雑なことが多々あります。穿通できるまでいかに正確かつ丁寧にそしてスピィーディーにできるかが歯科医師のレベルの差であり歯の永続性に直結します。 2つ目は、穿通させた根管内の幅を拡げ感染源を除去することです。このことで薬液を適切に充満させながら根管治療を行えます。クオリティ高く、そしてスピーディーにこの作業を行うにはニッケルチタンファイルは必須です。 根管治療におけるファイルとは? 根管内の歯髄組織の残骸や感染物質を取り除くためにISO規格され根管治療において非常に重要なインスツルメントです。。大別すると手用ステンレスファイル、ニッケルチタンファイルに分類されます。 烏山通り歯科精密根管治療におきましてはNi-Tiとステンレスファイルのハイブリッド方式を用い安全かつ適切な手順で根管形成を行います。 ⑴手用ファイル  根尖まで穿通させるためのファーストステップとしてステンレスファイルを使用します。 烏山通り歯科精密根管治療においては02テーパーのステンレスファイルを用い、手指の感覚と電気的根管長測定器により慎重に根管の長さや形態をネゴシエーションしながら把握します。#08~15ファイルを制することを大切に行なっております。     ⑵ニッケルチタンファイル 手用ファイルは歯の根まで穿通させるにはとても有効ではあります。          次のステップである根管形成拡大を適切に行うのであればNi-Tiファイルを使用します。 私はステンレスファイルのみで根管形成することを大学教育として学びました。しかし3次元的に複雑な歯根に対してステンレス製の硬い手用ファイルのみで根管形成してしまうことはレッジやトランスポーテーションを招き、元々の根管形態を大きく変化させてしまい難治性の感染根管になることが予想されます。 ⭐️烏山通り歯科精密根管治療におきましては柔軟性があり追従性の高いニッケルチタンファイルを使用し適切な使用方法を厳守しナチュラルな根管形態を維持するジェントリーな施術を行います。 千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る