2014.11.26更新

今回は基礎工事で非常に重要な根の治療についてご説明します。

日本における根の治療のほとんどがステンレスファイルを用い固形のガッタパーチャポイントを側方加圧で行っております。

私も学生教育で学び数年間臨床で行った手法です。きちんとした診断をし的確な根管形成ができれば問題ありません。

日本の歯科医院の80%以上で行われる手法です。

しかし根の先端形態は様々であり多くの根尖が湾曲(曲がっている)しています。この湾曲にステンレスファイルで追従しようとするとステンレス器具が破折します。これを回避するために根尖上部を大きくフレアー形成(ラッパ状)します。つまり歯を内側から削り薄くヒビが入りやすくなってしまいます。

結果として歯根破折を招きやすくな結局抜歯に至ります。

当院ではニッケルチタンファイル(Ni-Ti)を用い湾曲根管にナチュラルな形態で追従させ根管形成します。そして垂直加圧法によりガッタを加圧し根尖に密に充填しております。

全ての根管治療において行っておりますので非常に良好な結果を得ております。

根の治療でお困りの際には遠慮なく北烏山(給田)にある歯医者烏山通り歯科までご連絡ください。

以下に私の湾曲根管治療ケースをご供覧致します。

術前

1

露髄(神経が露出した状態)

1

術前レントゲン

1

術後レントゲン

1

投稿者: 烏山通り歯科

2014.11.14更新

今回の症例は歯を抜くと同時にインプラントを埋入し永続性の高いテクニックについてご説明します。


前歯を抜きしばらく経過してからインプラントを埋入すると唇側骨が吸収し複雑な骨移植を行うか、審美を妥協し何となく埋入するかになってしまいます。

当院では歯を抜くと同時にインプラント埋入する「抜歯即時埋入術」を行います。そうすることで周囲歯周組織は維持されます。
しかし正確な診査診断・確実な外科手技が伴っていないとできない術式です。


この術式の要はインプラントと抜いた歯は幅径が異なり必ずギャップが生じます。そのギャップに何を補填するかがLongevityに非常に重要です。
現在のBESTそしてMUSTとして自己血を採取し自己由来の血漿とフィブリンそして結合組織移植にて周囲組織に安定したボリュームを与える再生医療が求められます。

以下に私のケースをご供覧いたします。

術前11

矯正的挺出11

結合組織移植11

自己血フィブリンCGF 1

 

 

自己血AFG       1

ガイドインプラント埋入1

インプラント埋入

結合組織・骨補填材填入11

インプラント埋入CT画像1

投稿者: 烏山通り歯科

PageTop