東京都世田谷区北烏山9丁目23-31
コンフォーレ烏山1F

トピックス
Topics

当院が取り扱う義歯の種類

\1~数本の歯を失った場合/

部分義歯

部分義歯は、1本~数本の歯を失った場合に受ける治療で、残っている歯が1本でも対応可能です。歯茎を補うための床(しょう)、歯の代わりをする人工歯、失った部分に隣接する歯にかけて支える留め具(クラスプ)で構成されます。

\全ての歯を失った場合/

総義歯

総義歯は、上下顎、あるいは上顎・下顎、どちらかのすべての歯を失った方が装着する義歯です。総義歯は、入れ歯床と呼ばれる歯茎の部分と、人工歯から構成されています。

レジン床義歯

部分義歯/総義歯

審美性:× 耐久性:△ 装着感:×

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の義歯です。金属素材よりも多少厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。また、装着時に少し違和感を覚えることがあります。

メリット

・保険適応なので治療にかかる費用を抑えられる
・比較的、修理が簡単

デメリット

・部分義歯は、場所によって金属クラスプが目立つ
・総入れ歯では耐久性の問題から違和感が強く、食べ物の温度も感じにくい

金属床義歯

部分義歯/総義歯

審美性:〇 耐久性:〇 装着感:〇 

歯肉に触れる部分が金属素材で作られた自由診療の義歯です。レジン床と比較して、厚みがかなり薄いので、会話や発音への支障も少なく、装着時の違和感を感じることが少ない義歯です。チタンやコバルトクロムといった金属素材を使用しているため熱伝導率も高く、食べ物の温度が伝わりやすいので美味しくお食事をお楽しみいただけます。

メリット

・耐久性に優れ、壊れにくい
・熱を伝えやすく、食事を楽しめる

デメリット

・金属アレルギーの人は利用できない
・自由診療のため費用が高くなる

インプラントオーバーデンチャー

総義歯

審美性:〇 耐久性:〇 装着感:〇 

顎の骨に土台として、2~4本のインプラントをいれて入れ歯をボタンで固定する義歯です。インプラントが義歯をしっかりと固定してくれるので、ずれたり外れたりといったことが起こりにくいのが特徴です。義歯が痛い、合わない、がたつく、硬い物が食べにくいなど、義歯の安定性が悪いことに対してお悩みの方におすすめの治療法です

メリット

・取り外しが可能
・しっかり支えられ、硬い物も噛める

デメリット

・インプラントを埋める外科処置が必要である
・自由診療(保険適用外)のため費用が高くなる

ノンクラスプデンチャー

部分義歯

審美性:〇 耐久性:× 装着感:× 

金属の留め具(クラスプ)が無い部分義歯です。
バネの代わりに、歯ぐきの色に似た樹脂を使っているため、周りに気づかれにくい自然な見た目にでいます。また、柔らかい素材でできているため、支えとなる隣接歯への負荷を軽減し、健康な歯を傷める心配がありません。

メリット

・義歯だと気付かれにくい
・柔軟性があるので違和感が少ない

デメリット

・壊れた時の修理・調整が難しい
・自由診療(保険適用外)のため費用が高くなる

BPSデンチャー

部分義歯/総義歯

審美性:◎ 耐久性:〇 装着感:〇 

ヨーロッパ、リヒテンシュタインにて確立された先端の入れ歯システムです。精密な上下義歯位置関係の再現、顎の生理的な動きに合致した人口歯を使用、歪みのない重合法を採用するなど他の入れ歯にはない特徴を持っており、見た目も自然で美しく、違和感少なく、よく噛める入れ歯を作ることができます。

メリット

・保険適応なので治療にかかる費用を抑えられる
・比較的、修理が簡単

デメリット

・部分入れ歯は、場所によって金属クラスプが目立つ
・総入れ歯では耐久性の問題から違和感が強く、食べ物の温度も感じにくい