東京都世田谷区北烏山9丁目23-31
コンフォーレ烏山1F

トピックス
Topics

当院の義歯治療の特徴

義歯を安定して支えるための
口腔環境から改善する前処置

義歯が痛い・噛みにくいという場合は、かみ合わせや口腔環境に問題があることが考えられます。当院では、虫歯や歯周病の治療はもちろんのこと、義歯を支えるための歯の形を整えたり、かみ合わせのバランスを調整するなど、口腔環境を整えてから、患者さまのお口に適した設計がされた“本物の義歯”を作製致します。

世界的著名な歯科技工士、
川島哲先生と
連携した究極の精密義歯
(ライフデンチャー)治療

義歯の善し悪しは、「歯科医師の型取り技術」と「歯科技工士の技術力」によって大きく左右されます。本当に良い義歯を作製するには、歯科医師の技術だけでなく、患者さま想いの技工士と連携していることが大切です。
当院では、義歯製作歴50年以上20,000症例以上を手がけてきた世界的に著名な義歯構造設計家である川島哲先生と連携し、義歯を付けていることを忘れてしまうような違和感が少なく、一度作製したら生涯使える義歯を提供できるよう心がけております。

「噛める・笑える・話せる」
精密義歯

合わない義歯を使い続けることで、歯の問題だけでなく、全身の健康に関わる症状の発生リスクが高まります。 合わない義歯の原因として型取り不良と、かみ合わせの不正が考えられます。義歯とかみ合わせは切っても切れない関係です。かみ合わせが安定していなければ、お口の中で義歯は動いてしまい、粘膜は傷付き上手く噛むことはできません。そのため、当院では、お口の中、全体を精密な診査・診断を行い、かみ合わせを考え、より患者さまのお口に調和した、「噛める・笑える・話せる」精密な義歯を作製致します。

食べることは生きること!
“生命が宿った義歯”づくり

生きるうえで食べることはとても大切です。そして、食べるためには口腔がしっかり機能することが重要です。義歯は、歯を失った部分を補うだけでなく、咀嚼器としての役割を果たしてくれます。川島先生は義歯を「生命維持装置」と呼びます。噛めない義歯を使い続けると、食事を楽しめないだけでなく、消化機能が衰えたり、全身の健康に悪影響を及ぼし、健康寿命を縮めるリスクがあります。そのため、当院では、しっかり噛める義歯作りを心がけ、人生100年時代と言われる昨今を、健康で長く過ごして頂けるよう日々の生活を快適に過ごすことができる“生命が宿った義歯”をご提供しております。