2018.02.22
初期虫歯⇒根管治療⇒抜歯までのアニメーションにて解説!

虫歯の分類はC0~C4まであります。CとはCariesの略語であり虫歯のことです。

一般的に虫歯の進行程度はエナメル質・象牙質・歯髄までの侵襲程度と症状にて判断しますので確定診断としてレントゲン撮影が必須となります。

 

⓪C0:エナメル質表層が脱灰し、白く濁っている程度であり無症状。

ブラッシング改善やフッ素塗布にて再石灰化が見込める状態です。

 

 

①C1:エナメル質表層から内部まで進行しているが、象牙質まで到達していない状態。無症状。

レントゲン撮影、ブラッシング状況より治療介在するか経過観察を行うか判断します。

 

 

 

②C2:象牙質内に達している状態。 しみるといった症状が出現しやすい。穴があいている。黒い。

レントゲン撮影にて象牙質に達しているか確認。麻酔にて虫歯治療必要。

象牙質はエナメル質と異なり放置すると速いスピードで歯髄まで進行するため早期治療が必要。

この段階での治療をいい加減に行うと再発し歯髄に到達し激痛を伴い神経を除去する抜髄に。

 

 

 

③C3:虫歯の進行が歯髄に至る状況。

冷たい物や温かい物で強くしみる。何もしていなくてもズキズキと激痛がする。

レントゲンにて確認し、麻酔下にて抜髄処置。⇒不可逆性歯髄炎のため神経の処置が必要。

適切な歯髄処置を施すことで90%以上の成功率となる。つまりマイクロスコープと3DCTを用いたマイクロエンド精密根管治療が必要となります。肉眼や10倍程度のルーペではとてもではありませんが対応できません。 

 

 

 

④C4:C3 状態を放置し残根状態を呈している。痛みはほとんど感じないが腫脹の出現が高い。

残念ながら抜歯の適応か、歯根の長さによりCrownLengtheningの小手術にて保存を試みる。

 

 

 

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る

 

 

 

 

2018.02.08
2/4精密根管治療セミナー修了のご報告❗️

2017年4月よりスタートした藤本研修会歯内療法セミナー修了しました。

本当に素晴らしい内容でとても充実した6セッション12回の1年コースでした。

エディターはペンシルベニア大学にて学ばれ現在は日本にとどまらずグローバルにご活躍されている石井宏先生です。歯内療法においては非常に厳しい芯の強さをお持ちであり、また懇親会などの席ではフランクにお話ししてくれる実直な先生でした。日本において歯内療法という最重要な基礎治療がいかに軽率に取り扱われているかを実感しました。

私がこのコースを受講したきっかけと目標ですが、

  1. 患者さまに今以上に質の高い根管治療を施術し歯の永続性を高めたい

  2. 根管治療で悩まれている患者さまに選択肢の広い技術者になりたい

  3. 根拠に基づく理にかなった根管治療を行いたい

  4. 将来的にも安全かつ安定した材料を用いて施術したい

  5. 現在の日本における規制や縛りのある中での根管治療と、規制などにとらわれない真の精密根管治療との結果をバイアスなしで知りたい

 

そして、歯科医師である以上根管治療で悩まれている患者さまや今後根管治療に至ってしまう歯を規制にとらわれることなく、信念を持ち真の根管治療を施術し、日本の歯内療法発展に少しでも貢献したいと思い受講しました。

今私の中で患者さまに真の精密根管治療の大切さをご理解頂けるか不安はありますが迷いは全くありません。

ここ世田谷区千歳烏山 烏山通り歯科より根拠に基づいた精密根管治療を施術し、1本でも多くの歯を適切に保存できるように精一杯診療を行う所存でございます。

今後、烏山通り歯科における精密根管治療の取り組みをブログにおいて情報発信していきますのでたまに覗いてください。

         

                    

   

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る

2018.02.03
藤本研修会エンドコース最終回

1年コースの藤本研修会エンドコース(根管治療)が本日2/3と明日2/4をもちまして修了します!

今回のセッションは各自がケースプレゼンテーションを行い評価していただく内容です。

そして18時より修了証授与式となっており、しっかり症例発表を行い今後のマイクロ精密根管治療のレベルアップを目指してきます!

患者様にはご迷惑をおかけいたしますが本日不在であることご理解いただきたく存じあげます。

 

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る

2018.01.16
歯内療法=根管治療とは?

歯内療法=エンドドンティクスとは?
ギリシャ語で歯の内側(エンド=内側、オドント=歯)を意味しており、進行した虫歯に対して行う「根管治療」を専門に行います。一般には「神経治療」とか、「根の治療」などと呼ばれています。

虫歯の原因となる細菌が歯の内側の神経に入り込むと、歯がズキズキ痛くなったり、顔が腫れたりといった症状が出ます。自然治癒することはなく、放っておけば細菌によって歯の内部や歯を支える歯槽骨が溶かされ、いずれ抜歯をすることになってしまいます。

根管治療は基礎工事における最も大切な位置づけでありますが、根管形態は非常に複雑であり肉眼で確認しながら行える治療ではありません。

ですので妥協なくできる限りのことをしっかり適切に行う必要性があります。

最低限の施設基準として、歯科用3DCTとマイクロスコープがあること!この条件は歯科医院選びにおいて絶対に覚えておいて下さい!

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る

2018.01.13
精密根管治療についての情報発信を定期的に配信して参ります!

烏山通り歯科 院長小出です。

このブログにおきまして歯科治療における根管治療が非常に煩雑で難しく、また当院におけるマイクロ精密根管治療が重要であるかをご理解頂けるようにわかりやすくかつ専門的知見も含め情報発信して参ります。

 

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る

2018.01.01
新年明けましておめでとうございます🎍

新年明けましておめでとうございます。 患者さま、従業員の方々はじめ烏山通り歯科に携わり支えていただいた皆さま、昨年は大変お世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
1 2 3