2021.10.25
生命維持装置

こんにちは。院長の小出です。

 

義歯を利用されている方は多くいらっしゃいます。
イメージ通り、高齢者の方はもちろんですが
若い方でも格闘技やスポーツなどの機会に
激しい衝撃を受け、歯を失ったことから
義歯を利用される方もいらっしゃいます。

 

歯は食べ物を食べるときの働きはもちろん
ぐっと力を入れるときに食いしばったりするのに必要だったり
ヒトの生命活動ととても密接な器官です。

 

もし歯を失うと……
①噛みづらくなるため
軟らかいものが増え、糖質、炭水化物のものが増えて
糖尿病になりやすくなります。

 

②噛めないことで脳への刺激が減り、
認知症になる確率が上がるというデータもあります。

 

他にも様々なリスクがあります。
リスクを少しでも軽減するために
歯を失った場合には義歯を使うことを強くお勧めします。

 

義歯と健康寿命の延伸は密接な関係にあります。
生命維持装置と言っても過言ではありません。
なんと義歯は江戸時代よりもさらに前の時代から
すでに使用されていた歴史があります。
それぐらい昔から、歯は大切なものだとされていて
失った場合は義歯が必要だと認識されていたんです。

 

現代の義歯は大変精巧で違和感も少ないのですが
各個人の口腔内の形や状況に合わせて作成するために
義歯ができるまでには様々なステップをクリアする必要があります。

 

 

 

もし歯が抜けてしまった際にはできる限り早く
歯科医へご相談ください。

 

当院では人生100年時代を活き活き生活していただけるよう、
噛める義歯を真剣に作製できるよう日々研鑽しております。

 

歯に関することでお困りのことがあれば
お気軽にご相談ください。

 

 

 

烏山通り歯科
〒157-0061 東京都世田谷区北烏山9丁目23-31 コンフォーレ烏山1F
TEL:03-6279-5885
URL:https://www.karasuyamadc.com/
Googleマップ:https://g.page/karasuyamadoorishika?gm