2018.05.30
人間と動物の虫歯の違い???

烏山通り歯科  トリートメントコーディネーター比留間です❗️

この間多摩動物公園に行ってきました!
昆虫から動物を幅広く見ることができ、とても楽しかったです(^^)

しかし、歯医者で働いている職業柄なのか、動物は虫歯にならないのだろうか?
という疑問が浮かびました!
だって人間みたいに動物は歯を磨くことがないではないですか!
そこで私なりに調べてみました。

結果、基本的には虫歯になりにくいということでした。

理由としては・・・
①食事環境(食習慣)
→食事には糖分がほとんど入っておらず、生の肉を加工することなく食べています。更に繊維性の成分を多く含んでいるので、良く噛まなくてはならず、唾液を分泌することが虫歯菌を洗い流す働きをしている結果、歯磨き効果を生んでいる。

②肉食動物の歯が全て犬歯
→歯が全て犬歯となっていて間隔が空いている為、歯の間に物が詰まることが無いので、人間では虫歯になりやすい歯と歯の間の虫歯が全く関係ない。

③口腔内が人間と比べて虫歯が繁殖しにくいアルカリ性
→酸が生成されても中和されている。

などでした。
他にも動物によりますが、虫歯にならない仕組みを持っている動物もいるみたいです!
羨ましい限りです(><)!

しかし、動物でも歯が折れてしまったり、歯のすり減りから虫歯菌が繁殖してしまうこともあるようなので、絶対ではないそうです。

結果的に私達は、良く食べ物を噛み唾液を分泌し、少しでも虫歯菌を洗い流し、歯と歯の間にはフロスを通し清潔にし、ダラダラ食べをせず、口腔内を中性に保ちつつ、シッカリと歯ブラシをする事が虫歯を作りにくい環境作りとなる訳です。

長くなってしまいましたが、歯について少しでも興味を持って頂ければ嬉しいです(^^)

少しでも気になる事がありましたら、世田谷区千歳烏山にあります歯医者烏山通り歯科は皆様の口腔内のお悩みを親身になって対応致しますのでご連絡下さい!

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る