2018.07.18
〜DR服部おすすめの歯磨剤〜

歯科医師の服部です。

歯磨剤は毎日の歯磨きの補助として欠かせないものですね。

 

私のおすすめの歯磨剤はCheck-up standardです。

 

予防歯科の盛んな北欧では、歯磨剤のフッ素濃度は国際基準である1500ppmが採用されています。

日本でも、昨年に同じ濃度のフッ素配合歯磨剤の販売が認められ、新しく発売されたのが、この歯磨剤です。

 

虫歯とは口腔内に存在する細菌が食事に含まれる糖を栄養源とし、排泄される酸により歯面が脱灰されるている状態を指します。

 

フッ素が虫歯によいと言われているのは、歯を構成するハイドロキシアパタイトと呼ばれる成分が、酸に強いフルオロアパタイトに置換されるためと言われてます。また、歯を溶かそうとする細菌に対しても作用し、その酸産生能を抑制する効果もあることが報告されています。

 

ただ、歯磨剤は歯磨きの際の泡立ちや感じる清涼感により、歯面の汚れがとれていなくても、歯磨きをした様に感じてしまうことも多いです。

歯科医院での検診は専門的なケアやブラッシング法などを指導するため、そのリスクを下げることができます。

 

虫歯は一度なってしまうと治療しても完全に同じ状態には戻せません。

そのため、日頃のケアや定期検診がとても重要です。

 

この機会にぜひ烏山通り歯科へいらしていただき、検診を受けていただくことをオススメします。

世田谷区千歳烏山にある歯医者烏山通り歯科

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る