2018.06.18
「新しい接着テクニックが変わる、これからの審美修復治療」に参加してきました!

6月17日(日)品川区大井町ペントロンジャパン社にて審美修復における接着を学んできました。

講師の先生はsjcd理事の北原信也先生です。日本の大学で研究されていたりAAEDやシンガポールと多岐にわたりご活躍されている先生です。

①私たちが精密に歯の形を整え(形成)てシリコン材料にて精密に型取りをしたもの

②その型取りから出来上がった模型を歯科技工士が適切に取り扱い「機能」「審美」といったことを理論的に盛り込んでできあがるセラミックスやジルコニアといった修復物

③①と②より出来上がった修復物をできる限り隙間なく接着する

これら3行程を確実に施術することで永続性のある結果を出すことができます。

今回は③の接着について学んできました!相変わらず歯科医療材料は日進月歩で進んでいます。今までは臨床的に行なっていたことがエビデンスレベルとして確立されている接着に大きな期待と未来があると感じました!

世田谷区千歳烏山よりこれからも世界基準の歯科治療をご提供できるよう日々研鑽を積む所存であります。お口の中でお困りの際にはぜひ烏山通り歯科にご相談ください。

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る