予防歯科

preventive

「己を知り、敵を知れば、百戦して危うからず」
孫子に見る予防治療の考え方

千歳烏山で予防歯科を中心とした治療を行います。普段の口腔内のメンテンナンス・ブラッシング指導等も行なっております。予防歯科なら、烏山通り歯科までおこしください。

予防歯科とは

「予防」に必要な考え方とは、
「やらされている感をなくすこと」だと信じています。

理想的なのは、医師の指示通りに諸注意を守ることではなく、自ら必要と感じるものを実践していくこと。現在の状況を正確に把握し、その原因がどこにあるのかを理解することから始めましょう。これが「己を知る」ことです。次に必要なのは、これからどのようなリスクが起こり得るのか、将来を推測すること。こちらは「敵を知る」につながります。

検査と診断をしっかり行えば、その時点で必要なことは明らかになっているでしょう。「百戦して危うからず」です。経験則や勘に頼ることなく、根拠をデータできちんとお示し、正確で納得のいく治療に結びつけます。

当院は予防歯科に力を入れています

患者様がそれぞれの「健康観」を持ち、口腔内状況を知ること・敵を知ること・そこに向かって一緒に戦っていくこと。
これが予防歯科において重要なポイントだと考えています。患者様と医師で協働・協調をしてこそ、歯は一生長持ちするもの。ご自分の口内環境に少しでも興味を持っていただければ、こんなにうれしいことはありません。そのため、少しだけ説明させていただくお時間をください。決して無駄にはさせません。

なぜここまで理解を求めるのかというと、やはり「自分のことを良く知ってもらいたい」からです。「治療される」のではなく、自分に合ったものを「選択して治療する」。そうしてこそ愛着も湧きます。愛着が湧けば、今度は長持ちさせたくなってくるでしょう。まさにそれこそが、予防の原点なのです。この熱意が伝われば何よりと思っています。

保険診療についての考え方

保険診療のメリットは、何より費用を安く抑えられることです。しかし、患者様に最適な治療方法の中には、保険対象外のものも含まれます。

保険診療の質が「良くない」とは言いませんが、選択肢の幅が少ないことが問題です。ともすると医師任せになってしまう点も否めないでしょう。そうではなく、患者様が本当に納得できる治療方法を、主体的に選択してみてはいかがでしょうか。そのために必要なのが、何度も繰り返すようですが、「正しい知識」なのです。

費用を絶対的な価値観とせず、幅広い可能性を探ってみてください。その上で得られた結論を、私たち医師は尊重いたします。

定期健診の重要性

歯を失う原因は、主にむし歯と歯周病といわれていますが、当院ではさらに「かみ合わせ」にも注目しています。食べ物を正しいバランスでかめないと、顎の形が崩れたり対向する歯を痛めたりする場合があります。長期的な視野で見ると、「かみ合わせの不正」も歯を失う原因になり得るのです。

こうした異常を少しでも早く発見するため、当院では患者様に対し、定期検診を強く勧めています。症例にもよりますが、1年に1回から2回の検査を受けていただくことにより、異常が起きてから治療するよりも費用を抑えることが可能です。また、治療の程度も最小限で済ませられるので、本来の歯を長持ちさせるメリットもあります。

気をつけたいのは、むし歯と歯周病は全く異なるということ。むし歯とは異なり、歯周病は自覚症状が少ないので、気付いたときには手遅れになっているケースも。3年以上歯科医院に行っていないという方は、むし歯がなくても、ぜひ一度診断を受けてみてください。

ブラッシング指導による改善例

ブラッシングの目的は、「歯と歯茎の境目の汚れを取り去る」こと。これが分かっているといないとでは、その結果に大きな違いが生じます。また、自分でその効果を確認することができますので、モチベーションも高まります。ここでは、患者様ご自身の努力で、ここまで改善できるという一例をご紹介します。

正しいブラッシング知識によって口内環境が整っていく過程

来院時

ブラッシング開始

3ヶ月経過後(ブラッシングと確実な歯周病治療)

PageTop