2018.01.16
歯内療法=根管治療とは?

歯内療法=エンドドンティクスとは? ギリシャ語で歯の内側(エンド=内側、オドント=歯)を意味しており、進行した虫歯に対して行う「根管治療」を専門に行います。一般には「神経治療」とか、「根の治療」などと呼ばれています。 虫歯の原因となる細菌が歯の内側の神経に入り込むと、歯がズキズキ痛くなったり、顔が腫れたりといった症状が出ます。自然治癒することはなく、放っておけば細菌によって歯の内部や歯を支える歯槽骨が溶かされ、いずれ抜歯をすることになってしまいます。 根管治療は基礎工事における最も大切な位置づけでありますが、根管形態は非常に複雑であり肉眼で確認しながら行える治療ではありません。 ですので妥協なくできる限りのことをしっかり適切に行う必要性があります。 最低限の施設基準として、歯科用3DCTとマイクロスコープがあること!この条件は歯科医院選びにおいて絶対に覚えておいて下さい!

2018.01.13
精密根管治療についての情報発信を定期的に配信して参ります!

烏山通り歯科 院長小出です。 このブログにおきまして歯科治療における根管治療が非常に煩雑で難しく、また当院におけるマイクロ精密根管治療が重要であるかをご理解頂けるようにわかりやすくかつ専門的知見も含め情報発信して参ります。