2016.01.13更新

本日1/13歯科衛生士小宮山真衣が出産に向け退職しましたことをご報告いたします。

この度出産に向けて小宮山真衣は新たな人生を育むために烏山通り歯科を卒業しました。

小宮山真衣さんは当院にて4年間歯科衛生士として一生懸命働いてくれました!

国家資格保持者とし患者様に口腔を通じて多大な貢献をしてくれたことに敬意を表します。

担当させていただいた患者様におかれましても小宮山に優しく接して下さいまして感謝申し上げます。

また最後のケア時にたくさんの送りを物をしていただき重ねて御礼申し上げます。

私個人の意見としましては笑顔で送り出すのが役目でありますが正直さみしい気持ちも強いです・・・。

が、最後に小宮山さんと交わした言葉が「またいつか一緒に働き烏山通り歯科に通院される患者様の口腔内を守ろう」でしたので何年後になるかわかりませんがその日を楽しみに待ちます!

最後に小宮山さん4年間本当にご苦労様でした!そしてありがとうございました!!!

1

1

投稿者: 烏山通り歯科

2015.12.25更新

当院では数年前よりインプラントを1mmのズレもなくまた最小限の侵襲にて埋入するために100%サージカルガイドステントという安全かつ確実な装置を用いております。

今まで患者様におかれましてもサージカルガイドステントと説明してきました。

更なるエールガイド向上に伴い突然ではありますが名称を一部変更することになりました。

理由として他メーカーのガイドステントと一緒にしてほしくないからです。

今日ガイドステントが歯科界におかれましてようやく脚光を浴び注目されるようになってきました。(もっと早くに気づき導入するべきですがね・・・)

インプラントには数十種類以上のメーカーが存在しガイドステントの作製方法や精度に大きな差異があります。どのガイドステントも同じではないのです。

検証をみるとひどいものは本当にひどいです・・・。まったく使い物にならないと思います。

では「インプラントガイド」とはどのように安全なのかですね?!

インプラントガイドは[Topdown With bottomup]であります。

「要するに歯科技工士が理想とする歯のポジションと歯科医師が骨内にインプラントを入れられるべき安全箇所の調和」であります。

勘違いなさらないでほしいのですが今まで当院で使用していたサージカルガイドステントはすべて調和されておりこのままの名称で良かったのですが国内にひどいサージカルガイドステントが流れ込んできていることへの懸念から変更する次第です。

当院では今後私のメンターである皆川仁先生命名の「インプラントガイド」と固有名詞化致します!

 

 

投稿者: 烏山通り歯科

2015.07.09更新

7/3.4.5の3日間桑田カレッジにて第2回目作業模型・歯肉模型を学んできました。

歯科医師は歯科技工士免許も付随し取得しているため正確な技工作業を歯科技工士とタイアップし進行させる必要性を改めて感じました。

生体が嫌がらず受け入れやすい補綴物は確実なステップを正確にクリアすることで可能になります。

患者様は気付きにくいことですが生体を騙し続けることはできませんし、あってはなりません。

今回は「歯肉にとって居心地の良いルーム」を再現することをまた半調節性咬合器について学んできました。

作業模型上に各患者様固有の歯肉形態を再現する方法であり、通称「ガム模型」と呼びます。

欧米では「クワタMUSK」と呼ばれているそうです!

111

投稿者: 烏山通り歯科

2015.06.18更新

6月度よりKuwata College 36days Completecourse始動しました!

毎月1度金・土・日の3日間をフルに活用し学んでいる最中です。

内容は咬合学であり患者様固有の顎運動より非常に奥の深い最重要分野です。

学生教育や国家試験レベルで学ぶ学術的知識だけではまかり通らない分野です。

このレベルで臨床は確実に通用しません。基本的学術をベースにあくなき学ぶことが必要なのです。

簡単にお話しすると、治療により入れた補綴物が壊れる・入れた歯が歯周病に悩まされ抜歯に至る・入れた歯が歯根破折し抜歯に至るということです。

要は治療した歯をしっかり守ることです!

ただ単に入れればいいというわけではないのです・・・。失った歯の空間を「患者様固有の顎運動に調和させると同時に、「歯肉にとっても居心地の良いRoom」に徹底的に仕上げることが重要です。

そのためには「歯科医師による適切な診断→形成→咬合調整→研磨→装着」 そして「レベルの高い歯科技工士による残存歯と調和した機能的構造を有したこだわりの補綴物作製」が必須です。

このような「こだわり」は患者様にとって大きな恩恵をもたらすと信じております!

簡単に型取りして、高さ調整して終了した補綴物は口腔内の凶器になることは明らかです・・・。

裏付けのある治療こそ機能性・永続性を有した真の歯科医療であります。

このような哲学を長年世界で研鑽を積みまた世界中で伝導している桑田正博先生に師事し生の肉声で歯科医療の歴史的変遷を基に様々な角度から再確認しみっちり体に染み込ませております!

ハイレベルな歯科技工士7名の同志囲まれながら歯を食いしばり1年を通した36日間で当院に来院されている患者様方に大きな貢献ができるよう必死で学び続ける所存であります。

1111

投稿者: 烏山通り歯科

2015.01.28更新


2015.1.25桑田カレッジシニアコース9Days卒業してきました。
無事に卒業できたのも桑田先生、菊池先生、田村先生はじめインストラクターの方々そして同志の先生技工士の方々の支えがあったからです。
本当にありがとうございました。

改めて桑田先生の確立した咬合理論と哲学そして世界的著名である理由が理解できました!

PFM.ジルコニアと築盛〜グレーズまで桑田理論に基づき完成できたことこれからの私の歯科人生で貴重な経験でした。
歯科の歴史的変遷を基に沢山の知識を得られ私の咬合に対する考え方や治療方針が明らかに変化しはじめてます。
9日間の中で印象に残った桑田哲学の一部抜粋
「Dentistly Is Occlusion」
「意志あるところに道あり」
「何故の追求」
「わしがやらねばだれがやる」


で、終わりではなく次のステップである桑田カレッジコンプリートコース36Daysに6月から参加します。
28本フルマウスのPFM作製から沢山の知識技術に磨きをかけ一流を目指します‼️
桑田カレッジの方々宜しくお願い致します。

 

このように常に学び「INPUT-OUTPUTの反復」を行うことがプロフェッショナルとしてとても重要なことであると考えております。

普通の並である歯科医院ではなく「常に理論に裏付けされた適切な歯科医院」、また世界基準の歯科医療を世田谷区千歳烏山から発信・御提供し続ける所存であります!

111

11

 

投稿者: 烏山通り歯科

2015.01.01更新

皆様新年あけましておめでとうございます。

2015年2月より当院は5年目に突入します。

烏山通り歯科のクレドは「代替の利かない歯科医院になること!」ですのでそれに向かって日々邁進してきました。

今年は5年目の節目とし当院の培ってきたカラーを思い切り前面に出していきたいと思います。

当院カラーとは「クオリティー」「永続性」「患者満足度」への固執であります。

28本の歯で一口腔内は成り立っており1本1本の歯に役割があります。つまり1本の歯を大切に守ることが重要です。しかしながら不幸にも1本の歯が虫歯になってしまったらその歯を「元々のあるべき姿に適切に回復」しなければなりません。

私はその一本の歯に「魂と心を込めて治療し、再発を抑制し永続性を高めたいと肝に銘じております。」

私が考える治療には確実なテクニックと治療時間・適切な材料・マイクロスコープが必要になります。

「プロフェッショナルとして各患者様に最適な治療方法をご提案しクオリティーの高い世界基準の治療を千歳烏山から発信していく所存です。」

2015年も一医療人とし・一医療機関とし益々飛躍していきます!

 

投稿者: 烏山通り歯科

2014.12.30更新

2014年も無事に終えることができましたのも皆様の支援、そして全スタッフの能力・気遣いであると心より感謝申し上げます。

今年の感謝会は当院開業当時より定期口腔ケアで通院いただいてる患者様のお店でお世話になりました!

とても落ち着いた店内で全スタッフ・業者の方々と楽しくお食事できました!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、千歳烏山駅より5分位の所にある「アルターナ」というイタリアンです!是非コースで食べてみて下さい!美味しくてワインがすすみます!!!

1

 

 

 

投稿者: 烏山通り歯科

2014.12.10更新

昨日はロングミーティングでした。

内容は歯科衛生士による理念と当院における衛生士業務ということでプレゼンを行ってくれました!

三田先生に指導・編集をお願いしました。

診療時間外に時間調整し夜な夜な頑張っていました!仲間同士で能力を発揮しあいながら完成したプレゼン素晴らしかったです!

またDAより質問も飛び交い緊張感のあるミーティングでした。

私はDA担当でしたので全くスライド内容を知らなかった分衛生士の積極性と成長を改めて嬉しく感じました。

プレゼン後の衛生士より「スライドを作製するに当たり色々調べ再確認しとても勉強になった」と感想をいただき嬉しく思います。

小宮山さん・清水さん・三田先生本当にお疲れ様でした!!!

これからも各自の理念を尊重しあいながらDADHDR力を合わせ頑張ります!

111

投稿者: 烏山通り歯科

2014.11.21更新

 本日は大学同期の菊池先生が見学にいらしてくれました。

本日はインプラント埋入OPEがあり、SocketLiftという術式を用いて処置しました。

菊池先生とは大学時代ハワイに行ったり、時には麻雀をやったりテスト前には徹夜して勉強したりと仲良くしてもらいました。

 

卒業後は大学に籍を置き臨床と研究に励まれていました。そしていよいよ実家の栃木に帰りお父様の後継ぎとして地域に根ざし困られている方のために一生懸命頑張られことでしょう!

そんなこんなで本日院内見学も兼ねてインプラントOPEを見学に来てくれました。

 

SocketLiftとは口と鼻を隔てている膜にインプラントが貫通してしまうケースで用いるテクニックです。

術式を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。また通常はコンコン・ガンガン叩く術式が多く行われますが当院では一切叩きません。

専用の器具を用い適切に膜を拳上しピンポイントでインプラント埋入を行いますので非常に低侵襲です!

そして先週の下顎インプラント埋入と本日で4本のインプラント治療を行った方です。

 

当院では自信を持ってインプラント治療を行っておりますので術後にはリアルタイムでCT画像を3方向で必ずお見せしております。このように行った結果をクリアにきちんと説明しておりますのでインプラントまた歯科治療で不安や悩まれている患者様は是非当院烏山通り歯科にいらしてください!

 

以下に私のケースをご供覧致します。

SocketLift時11

下顎インプラント埋入時111

菊池先生と!11

 

投稿者: 烏山通り歯科

2014.11.20更新

皆様こんにちは。

先日ソフィア歯科医院の方々が見学にいらっしゃいました。

院長の矢島ダニエル先生とは東京医科歯科大学研修医時代の仲間です。約10年ぶりの再会でした。

ダニエル先生の略歴ですが研修医終了後に母国のドイツに5年間留学し著名な先生方の元素晴らしい研修を積まれました。

その後日本に帰国し埼玉の歯周病専門医院で研鑽を積まれ9/1に御開業されました。

ソフィア歯科医院の衛生士・助手の方共に非常に熱心な視線で見学されてました。私たちもいつも以上に力んでしまいました...。とても有意義な時間でした!

 

診療後はダニエル先生と地元等々力の焼肉屋で歯科医療について語り合いました!(最後はいつものBARでシングルモルトで締め!(^^)!)

楽しい時間はあっという間でしたが今後も合同交流を行い共に刺激しあう約束を交わせたので次回も楽しみです!

明日のインプラントOPEには大学同期の先生が見学にいらっしゃいます。このように色々な先生と関わりお互い刺激しあいながら常に最前線の歯科医療を求め続けていきます。

お口の中でお困りの際には烏山通り歯科までお気軽にお越しください!

kkk

 

投稿者: 烏山通り歯科

前へ
PageTop