2014.12.12更新

当院における直接法充填についてケースを通してご説明いたします。

各医院によって詰め物のメーカーや材質は異なりどこでも同じ材料ということではありません。また詰め方も様々です。

当院では1本1本大切に充填しております。マイクロスコープ(光学顕微鏡)を用い徹底的にしっかり詰めます。
つまり「ポンと詰め込んで固めて磨いて終了」ではなく、「1咬頭1咬頭立体的に積層充填し徐々に硬化させ収縮を微小に抑え裂溝を付与し弱い力でしっかり咬みきれるように心がけ最終的にプラークが付着しにくいように研磨剤を使用し丁寧にツルツルに仕上げます!」
そして可視化として充填後に必ず比較写真をご提示しております!やはり可視化することが今後の歯科医院に求められる大切なことであると考えております。

術前術後の比較写真をお見せできるということは、治療過程・結果に自信があるからです!

虫歯で良質な治療を希望される方は千歳烏山・北烏山・給田にある烏山通り歯科までご来院下さい!

スタッフ一同心よりお待ちしております。

以下に私の充填ケースをご供覧致します。

 

術前:裂溝がなくノペっと満たされているだけの状態

1

 

術後:裂溝付与し歯との境界がスムーズで移行的な状態。また研磨性も高くツルツルな状態。
施術時間約30分

1

投稿者: 烏山通り歯科

PageTop