2015.03.01更新

審美治療とは歯科医師であれば誰でもできます・・・。

が、レベルの違いは歴然としているのが現状ではないでしょうか。つまり歯医者選びはとても重要です!

私が考える審美治療とは「患者様の要求・希望を結果で示す」「治療結果に永続性・安全性があること」「治療工程に裏付けされた理論があること」です。

プロフェッショナルとして結果をだし患者様に喜んでいただくためには「誠心誠意責任を持ち責任を果たすことである」と肝に銘じ日々の診療にあたっております。

口元を本当に綺麗に長持ちさせたいとお困りの方がいらっしゃいましたら世田谷千歳烏山で審美治療に特化している烏山通り歯科までご来院下さい!

誠心誠意正当な治療をご提供致します。

以下に前歯部審美治療をご供覧致します。

 

1

術前 正面観 

上前歯4本に色調不良や歯並びのコンプレックスを主訴に来院

 
1

左上前歯の不良補綴物除去時

不適切な支台歯形成を認める

 
1

当院オリジナルDGBにより歯周環境を的確に整える

3PlaneConceptに従う適切な切り込み幅やZenith位置などの基本的原則を厳守し歯肉縁下形成終了時

 

 

 

 

 

1

最良のセラミックスクラウン作製には必須である圧排コードによる印象前処置

圧排深さのコントロール・コード幅・シングルダブルを考慮し挿入した状態

 
1

精密印象採得

 
1

HorizontalBar

正中・水平ラインを的確に歯科技工士に伝達するための重要資料

 

 

 

 

 

1

ガム模型作製

良好な歯肉-歯頸部カントゥア―獲得のため作製は必須です

当院提携の世界的著名歯科技工士と綿密なディスカッションを行い作製されたオールセラミックスクラウン

 
1

同オールセラミックスクラウン

 
1

口腔内装着時

患者様は鏡で見た瞬間涙をこらえるように喜ばれました!

 

 

 

 

 

 

1

コントラスター撮影時

GoldenProportion

SmileLine

IncisalEdgeAngle

ContactLine

TransitionalAngleLineなどなど様々な項目を適切にクリアした補綴物の完成!

 
 
1

Before

 
1

After

 

投稿者: 烏山通り歯科

PageTop