2015.02.04更新

1

主訴:以前より何度も治療受けているが痛みが消失しない。

右上根管治療行うも予後不良のため抜歯しインプラント治療施術へ。

抜歯後約2か月後にインプラント埋入手術を予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

インプラント埋入に先立ち抜歯を行い治癒促進や骨誘導促進のため自己血よりフィブリンを抽出し

補填する治療計画へ。

抜歯前の状態

 

 

 

 

 

1

②抜歯時周囲組織に最小限の侵襲で抜歯できるよう事前に根を分割した状態

 

 

 

 

 

 

 
1

③抜歯後

 

 

 

 

 

 
 
1

再生療法:自己血より抽出した自己由来の濃縮されたフィブリン

    

 

 

 

 

                                                                           

 
1

 

 

 

 
1

 

 

 

 

 
1

⑤抜歯窩へフィブリン填入

 

投稿者: 烏山通り歯科

PageTop