2015.05.21更新

当院におけるインプラント治療理念は「1mmのずれも許さないピンポイント埋入を行い」機能性・永続性・審美性を獲得することです。

 

今回のケースは特に審美的要求の高い前歯部インプラントです。

前歯部インプラントにおいて歯肉ボリュームの獲得は必須となります。

以下の術式を用いない限り数年後に歯肉が退縮し笑った時にインプラント自体が見えてきて患者様はがっかりしてしまいます・・・。

私の前歯部インプラント治療では

①術前にを両隣在歯肉ラインより高さを増す前処置

②骨幅がなければ骨造成を行う

③術中に自己血より採得したフィブリン膜CGFやAFGの再生医療法

④MUSTで結合組織移植による唇側部歯肉ボリュームの獲得

を行います。

これらを適切に行うことで審美的永続性を獲得し患者様に満足していただける結果をだせます。

 

以下に前歯部抜歯即時埋入ケースをご供覧します。

 

1
 
 
 
 
 
 
 
 
 

初診時:左上前歯グラグラするとのことで来院

 
2

グラグラになっている差し歯を外すと深い位置で歯が水平に割れています。

歯茎も腫れており痛みがありました。

 
1
 
 
 

炎症のコントロールにて腫脹が落ち着いた状態。

両隣在歯の歯茎よりもボリュームが足りないことが予想できます。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

審美性・永続性・機能性などの説明を行い、最善の治療方法であるインプラント治療を選択。 前歯部のため結合組織移植・自己血由来再生療法・抜歯即時インプラント埋入術を選択されました。

CGF

1

結合組織

 
1

術直後

1

 

 

 

 

 

術直後口蓋結合組織ドナーサイト

 
1

術後3週間後

 
1

術後2か月後

 
画像説明テキスト

術後3か月

型取り直前の状態

非常に安定しており今後の安心感が感じられます。

 
1

カスタムアバットメント装着時

 

 

 

 

 

 

 

 

 
1

インプラント埋入後3DCT

 
1

インプラント埋入後3DCT

 


 

1

インプラント埋入後3DCT

投稿者: 烏山通り歯科

2015.04.18更新

インプラント治療とは入れたいポイントに1mmのズレも許すことなくピンポイントで埋入し確実な結果を出すことです。

インプラント治療において「偶然の成功があってはなりません。」常に成功することが患者様のニーズに応えられる真の歯科医療です。

先日インプラント埋入手術が完了した患者様の許可よりピンポイント埋入をご説明いたします。

患者様は施術後痛み止めは1錠も服用せず、腫脹も全くなかったと喜んでおられました。

施術時間20分です。

以下に私の臨床ケースをご供覧致します。

 

画像説明テキスト

術前咬合面観
右下乳歯晩期残存
左下第一大臼歯歯根破折

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 抜歯時再生療法CGF併用

1

 

 

 

 

 
1

抜歯窩にCGF填入時

 

 

 

 

 

 
1

術前術後2Dレントゲン

 

 

 

 

 

 

画像説明テキスト

 

 

 

 

 

 

 
1

術前術後3DCT比較

 

 

 

 

 

 
画像説明テキスト

 

 
1

 

 
画像説明テキスト

 

 
1

術後3日後

 
画像説明テキスト

共に腫脹はわずかです
インプラントと骨が結合する期間約2ヶ月後に型取りに入ります。

このように適切に安全に低侵襲でインプラント治療を完了できる時代です。
フリーハンドのインプラント治療はあってはなりません。
また歯科用3DCT完備であることは必須です。

今後はサージカルガイドの時代に突入しております!

 

投稿者: 烏山通り歯科

2015.03.01更新

審美治療とは歯科医師であれば誰でもできます・・・。

が、レベルの違いは歴然としているのが現状ではないでしょうか。つまり歯医者選びはとても重要です!

私が考える審美治療とは「患者様の要求・希望を結果で示す」「治療結果に永続性・安全性があること」「治療工程に裏付けされた理論があること」です。

プロフェッショナルとして結果をだし患者様に喜んでいただくためには「誠心誠意責任を持ち責任を果たすことである」と肝に銘じ日々の診療にあたっております。

口元を本当に綺麗に長持ちさせたいとお困りの方がいらっしゃいましたら世田谷千歳烏山で審美治療に特化している烏山通り歯科までご来院下さい!

誠心誠意正当な治療をご提供致します。

以下に前歯部審美治療をご供覧致します。

 

1

術前 正面観 

上前歯4本に色調不良や歯並びのコンプレックスを主訴に来院

 
1

左上前歯の不良補綴物除去時

不適切な支台歯形成を認める

 
1

当院オリジナルDGBにより歯周環境を的確に整える

3PlaneConceptに従う適切な切り込み幅やZenith位置などの基本的原則を厳守し歯肉縁下形成終了時

 

 

 

 

 

1

最良のセラミックスクラウン作製には必須である圧排コードによる印象前処置

圧排深さのコントロール・コード幅・シングルダブルを考慮し挿入した状態

 
1

精密印象採得

 
1

HorizontalBar

正中・水平ラインを的確に歯科技工士に伝達するための重要資料

 

 

 

 

 

1

ガム模型作製

良好な歯肉-歯頸部カントゥア―獲得のため作製は必須です

当院提携の世界的著名歯科技工士と綿密なディスカッションを行い作製されたオールセラミックスクラウン

 
1

同オールセラミックスクラウン

 
1

口腔内装着時

患者様は鏡で見た瞬間涙をこらえるように喜ばれました!

 

 

 

 

 

 

1

コントラスター撮影時

GoldenProportion

SmileLine

IncisalEdgeAngle

ContactLine

TransitionalAngleLineなどなど様々な項目を適切にクリアした補綴物の完成!

 
 
1

Before

 
1

After

 

投稿者: 烏山通り歯科

2015.02.07更新

30代女性

結婚式があるため早く白くしたいと来院。

個人差はあるものの1回でとても満足されたケース。

 

1

①「施術前」

全体的に均一な黄ばみが認められ1回でスッと綺麗になる期待が高い。

 

 

 

 

 
1

②「オフィスホワイトニング後」

60分後には透明感のある美しい白さへ!

患者様は非常に満足されてます。

現在では1年に1回誕生日前に行っております。

誰もが手を出せる金額設定にしております!

即効性の高いホワイトニングをご希望の方は千歳烏山にある歯医者「烏山通り歯科」まで是非ご相談ください。

 

 

投稿者: 烏山通り歯科

2015.02.04更新

1

50代女性

2年前に他院で上前歯セラミックで治療したが気に入っていないので天然の歯のようにしたいとのことで来院。

上前歯4本は形態・色調・適合全てにおいて基準・ルールに即しておらず不良な状態。

最終的には金属を一切使用しないオールセラミックスにて完了する治療計画へ。

①術前正面観

 
1

咬合面観

 

 

 

 

 

 
1

②前歯4本除去後

4本とも不適切な支台歯形成がされている。

また全て大きな虫歯を呈している。

 

 

 

 

 

 
1

③虫歯を埋めグロスプレパレーション後

第一回目の支台歯形成後

 

 

 

 
1

咬合面観

 

 

 

 

 

 
1

④当院オリジナルのDGBにより歯肉の安定と線維化を図る。

型取りまでの基準をしっかりクリアするまでプロビジョナルレストレーションにて待時。

 

 

 

 

 
1

⑤良好な歯肉の質に回復を認めたため正確かつ精密な型取りへ。

 

 

 

 

 
1

シリコン印象

 

 

 

 

 

 
1

正中線に不備がないようホリゾンタルバーを採得

正中ラインが曲がらないように・水平ラインを平行にとるため。

 

 

 

 

 

1

⑥世界的著名な歯科技工士と綿密なディスカッションを行い色調と形態を決定。

 

 

 

 

 
1

 

 

 

 

 

 

 
1

 

 
1

 

 
1

⑦最終的なオールセラミックスクラウン装着時

適切な歯軸・ゴールデンプロポーション・リップライン・テクスチャーにより天然歯に近似した自然観が認められます。

これも有能な歯科技工士選択により「気持ちと魂のこもったセラミックス補綴」の完成です。

このように1本1本基本に忠実に適切な治療工程を積み上げることで全く異なる結果となります。

 

「歯科治療において偶然の産物があってはなりません。常に一定したレベルで成功の医療提供が必要です。」

 

 

 

 

 

 

 
1

咬合面観

 

 

 

 

 

 

 
1

コントラスター仕様撮影

術後6か月の状態

正中の歯間乳頭が成熟してきていることがうかがえる。

「患者様は涙を流し喜んでおられました!」

 

 

 

 

 

 
1

術前

 

投稿者: 烏山通り歯科

2015.02.04更新

1

主訴:以前より何度も治療受けているが痛みが消失しない。

右上根管治療行うも予後不良のため抜歯しインプラント治療施術へ。

抜歯後約2か月後にインプラント埋入手術を予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

インプラント埋入に先立ち抜歯を行い治癒促進や骨誘導促進のため自己血よりフィブリンを抽出し

補填する治療計画へ。

抜歯前の状態

 

 

 

 

 

1

②抜歯時周囲組織に最小限の侵襲で抜歯できるよう事前に根を分割した状態

 

 

 

 

 

 

 
1

③抜歯後

 

 

 

 

 

 
 
1

再生療法:自己血より抽出した自己由来の濃縮されたフィブリン

    

 

 

 

 

                                                                           

 
1

 

 

 

 
1

 

 

 

 

 
1

⑤抜歯窩へフィブリン填入

 

投稿者: 烏山通り歯科

2015.01.31更新

今回は当院における根の治療についてご説明します。

根の治療は基礎工事ですので、いくら良い高額なクラウンを入れようが適切な根管治療が施されていなければ必ずやり直しになります。

現在の保険診療で行われている根管治療では時間の制約や材料・器具の制約より確実な根管治療は難しいと考えております。

根の治療とは根管内を無菌化し適切に密にガッタという材料を詰めることです。

治療操作としては肉眼で見えない・複雑な根管形態であるために非常に煩雑で難しいです。

私の根管治療はマイクロスコープ・ニッケルチタンファイルを用いナチュラルな根管形態を維持したまま様々な薬液を使用し根管形成を終え、垂直的に加圧充填し隙間なく完了させております。

患者様には必ず術後レントゲンをご提示し正確な治療がされていることをご説明します。

実は根管充填が根管治療のゴールではなく、次のステップであるコアという土台を接着することで完了となります。そして機能・永続性・安全性を考慮したクラウンを選択していただきます。

 

私は根の治療進行過程を的確にご説明し納得していただけることが患者様の安心・信頼につながると考えております。

根の治療でお困りであったり、ご相談があれば千歳烏山にある歯医者「烏山通り歯科」までご来院下さい。

 

以下に私の根管治療ケースをご供覧致します。

主訴:左上ズキズキ痛くて昨夜より寝れない。

①来院時の状態

1

 

②虫歯を除去すると歯髄(神経)が露出している状態

1

③術中レントゲン

1

④根管充填後(術後)レントゲン

1

投稿者: 烏山通り歯科

2015.01.20更新

ホワイトニングについてです。

ホワイトニングは3パターンに分類されます。

オフィスホワイトニング:歯科医院にて即日で白くする方法 {施術時間約60分}

ホームホワイトニング:トレーを作製しご自宅で薬液を注入し白くする方法 {施術期間約2週間}

ウォーキングブリーチ:前歯に局所的変色が認められる場合 {通院回数約3回}

当院では基本的に①のオフィスホワイトニングを推奨しております!

理由としては即効性があり結婚式や成人式または就職活動面接などのイベント前に短時間で綺麗にできるからです。

1回目はザッと色がぬけますが後戻りも早いため2回法を行い白さを定着させます。2回法により持続効果が長くなりかつ輝く白さになります!

さらに透明感を出したいと希望される患者様には②のホームホワイトニングを追加しております!

当院では「オフィスホワイトニング2回とホームホワイトニングのパーフェクトコース」が多いのが現状です。

特に前歯部セラミックス治療時には必ずホワイトニングを行い全体を白く戻してから治療開始しております!とても好評をいただいております!!

ホワイトニング料金に関しては「誰もが手を出しやすいリーズナブルな設定金額」となっております!!!

短時間で白い歯を取り戻せるホワイトニングにご興味のある方は是非千歳烏山・北烏山・給田にある烏山通り歯科までお気軽にご連絡ください!

ご要望・ご希望に添えるようしっかりお話をお聞きいたします。

 

以下に当院使用の最高峰ホワイトニング機器とホームホワイトニング2回法をご供覧致します。

世界最高峰機器

1

施術前

1

オフィスホワイトニング1回目  ザッと白くなっています

1

オフィスホワイトニング2回目 透明感のある白さになっています

1

 

投稿者: 烏山通り歯科

2014.12.25更新

ホワイトニングの症例を投稿していきます。

投稿者: 烏山通り歯科

2014.12.25更新

これから歯周病治療の症例を投稿していきます。

投稿者: 烏山通り歯科

前へ
PageTop