2014.11.21更新

 本日は大学同期の菊池先生が見学にいらしてくれました。

本日はインプラント埋入OPEがあり、SocketLiftという術式を用いて処置しました。

菊池先生とは大学時代ハワイに行ったり、時には麻雀をやったりテスト前には徹夜して勉強したりと仲良くしてもらいました。

 

卒業後は大学に籍を置き臨床と研究に励まれていました。そしていよいよ実家の栃木に帰りお父様の後継ぎとして地域に根ざし困られている方のために一生懸命頑張られことでしょう!

そんなこんなで本日院内見学も兼ねてインプラントOPEを見学に来てくれました。

 

SocketLiftとは口と鼻を隔てている膜にインプラントが貫通してしまうケースで用いるテクニックです。

術式を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。また通常はコンコン・ガンガン叩く術式が多く行われますが当院では一切叩きません。

専用の器具を用い適切に膜を拳上しピンポイントでインプラント埋入を行いますので非常に低侵襲です!

そして先週の下顎インプラント埋入と本日で4本のインプラント治療を行った方です。

 

当院では自信を持ってインプラント治療を行っておりますので術後にはリアルタイムでCT画像を3方向で必ずお見せしております。このように行った結果をクリアにきちんと説明しておりますのでインプラントまた歯科治療で不安や悩まれている患者様は是非当院烏山通り歯科にいらしてください!

 

以下に私のケースをご供覧致します。

SocketLift時11

下顎インプラント埋入時111

菊池先生と!11

 

投稿者: 烏山通り歯科

PageTop