2018.06.26
〜ナイトガードマウスピース〜バトミントンより感じたこと🏸

烏山通り歯科トリートメントコーディネーター比留間です。

先日3、4年振りにバドミントンをしてきました!
久しぶりにしたので、全然体が動かなかったのですがとても楽しい時間を過ごす事が出来ました(^^)

ちなみにスポーツしていると、自然と歯をくいしばる時ありますよね?
実はその時って凄く歯に負担がかかっているんです!!!

何故スポーツをする時に歯をくいしばるか・・・
それは歯を強く噛む事で頭の位置が定まるので、身体が安定するからと言われているそうです!

しかし歯に負担をかけすぎると歯が削れていくだけでなく、他にも影響を及ぼしていきます。
歯が削れていくと歯が短くなり、噛みこみが深くなっていき、深く噛みこむと顎関節に影響を与えていきます。
そんなくいしばりですが、実はスポーツの時以外にもしているんです。

1つ目は普段の生活の中です。
テレビを見ている時、考え事している時、何かの作業をしている時等です。
本来私達は何もしていない時は上と下の歯は触れあっていません。
上下の歯を軽く接触させてただけで口を閉じる筋肉は働いてしまいます。
歯や歯を支える骨、筋肉などがずっと働きっぱなしの状態になり、弱くても長時間接触しているだけで本来かかる力以上の負担をかけています。

2つ目は睡眠時です。
無意識の寝ている間にする歯ぎしりも歯に負担をかけています。
歯ぎしりには
・グライディング(上下をギリギリと擦り合わせる)
・クレンチング(上下の歯を強く噛みしめる)
・タッピング(上下の歯をカチカチと噛み合わせる)
の3種類があります。      

この上記の事が原因で歯の表面にヒビが入り剥げれ落ち根元部分がすり減って、虫歯や知覚過敏になってしまったり・・・
歯が触れあう癖で骨に余計な負担を掛けていると歯周病菌を取り除いても骨が減っていきグラグラ揺れてきたりします・・・

長く書いてきましたが、これらを少しでも軽減する為にスポーツマウスピースや夜寝る時にするNG(ナイトガード)があります。
歯の型どりをしてもらい作製する事によって自分の歯列に合った物を作る事が出来ます(^^)

自分の歯を守る事は自分にしか出来ないので、大切にしましょう★


 烏山通り歯科は皆様のお口の悩みなどを親身になって対応致します。
お困りの事がありましたらご連絡下さい

千歳烏山の歯医者なら烏山通り歯科のTOPへ戻る